へなへな日常描画劇場!

by ハピネス☆ヒジオカ

悲劇と喜劇の狭間で  

12.7.6_悲劇と喜劇.gif
菊次郎が息を引き取って呆然とした時間が過ぎ、
ふと菊次郎をどうやって見送ったらいいのだろうと、
悲しみの中話し合いました。

ずっと前にこの先菊次郎が死ぬようなことがあったら
ボクらはどんなふうになるんやろ?
と笑いながら話したこともありましたが、
自分でもビックリするくらい悲しくて涙も止まらずで、
あらためて、こんなに菊次郎の存在が大きかったのかと。
言うてもカメです。チャーさんカンちゃんの猫に比べれば
リアクションも少ない、体長20センチのリクガメです。
でもね、やっぱり可愛かった。11年の月日も長過ぎた。

我が家の中でも唯一、どっこも体に悪いところもなく、
元気元気タフガイの菊次郎。
事実そうでしたが、そう思い込んでたところもありました。
今年の春は少し例年よりも動き出しが遅く鈍くて、
「もう春やでぇ〜。早よ起きやぁ〜」などと笑ってたのですが、
実はその頃から体調は悪かったのだと思います。
うかつにも気付きませんでした。過信し過ぎていました。
病院に連れていった時にはかなり具合が悪く、
連日、皮下点滴をするもダメでした。
なので、涙の半分、いや半分以上は、
菊次郎に対しての申し訳ない気持ちからでした。

ダメもとで近所の動物も供養してくれるお寺に
お願いしてみると快く引き受けていただけました。
そして、合同火葬、合同埋葬をお願いすることに。
(人間のエゴと言えばその通りなのですが)
お葬式は一連の流れが人間のそれとすごく近くて、
悲劇と喜劇は紙一重とか言いますが、
見る人が見ればコントにしか見えない空間の中、
ごめんねとありがとうを繰り返しながら見送ってきました。

長くなりましたが、気にかけていただいた方々に向けて
ご報告させていただきました。(→懐かしの菊次郎)

さてさて、次回からはいつものアホなブログです!!!


人気ブログランキングへ
↑この菊次郎アイコンはこの先も登場することでしょう。

category: ★猫と犬とカメと

tb: --   コメント: 6

コメント

安らかに

いつか別れが来ると分かっているから生きものを飼えない。これもワタシの勝手なエゴなんでしょねぇ〜。
んでも思い出は消えませんから・・・

URL | たいちょ #LkZag.iM
2012/07/07 12:57 | edit

それぞれの別れ

菊次郎くん、20センチもあったのですね。
11年も一緒なら家の中にぽっかりと空間が空いたでしょう。
猫さんが逝ってしまった時のことを私は今でも思い出します。
菊次郎くん、会ったことはなかったけれど、
どこか存在感があり私もショックでした。

ハピ☆ヒジさん、元気だしてくださいね。
菊次郎くんにアイコンでこれからも逢いたいです。

URL | ハナ #vp8meGQs
2012/07/07 13:28 | edit

気持ち分かります

早期発見が大事というものの
やっぱり分かり辛いところはありますね。
日頃が元気だとなおさらですし
年をとればとったで獣医さんも「お年ですから」の一言で終わっちゃうこともあります。

私はこれまで犬1匹と猫5匹を見送ってきました。
一番最初は犬のワン吉でした。
原因不明の心肺停止だったんですが、自分でもびっくりするくらい取り乱して泣いてしまいました。
父が亡くなった時は涙が一滴もでなかったのに不思議なものです。

ワン吉が亡くなった昼過ぎから翌朝まで側にいたのですが
夫婦二人とも撮影だったので葬儀屋さんには仕事が終わった夜
遅かったですが特別に葬儀をしてもらいました。
私たちには家族でも人から見れば犬の通夜や葬式で仕事をキャンセルさせてもらうことは無理ですもんね。

URL | 猫吉 #-
2012/07/07 18:26 | edit

コメントありがとうございます!

たいちょ様>
そうですね〜、ウチの親が全く同じで
子供の頃はなにも飼えなかったので、
その反動で家を出てすぐに飼っちゃったって感じです。
なんにしても命ある生き物ですからねぇ。
いろいろ難しいですね。
ありがとうございます。


ハナ様>
そうですね、そこそこ大きさも存在感あったかと。
ですね、まさにぽっかりって感じです。

猫が逝ってしまった経験はまだないので
どんな感じなのか想像もつきません。
とてつもないショックでしょうね。

あ、はい、基本的にはもう元気ですよ。
ありがとうございます。


猫吉様>
そうですね、寿命だったと言うよりかは
寿命を縮めてしまった可能性の方が大なので辛いところです。

犬と猫と6匹ですか・・・。
実はボクも義父の時、涙が出なかったんです。
義母がすでになくなっていたこともあり、
その瞬間から沢山のことを進めていかないと
いけないこともあったからかもですが、
菊次郎の時のことを思うと、今でも不思議です。

我が家もお寺にあずけて合同火葬をしていただいたので
先週、お墓参りにいってきました。
人間の墓地の中にペットの合同お墓がひとつあるので
不思議な感じでしたが、一応、
ココロの一区切りはついたように思います。
ありがとうございます。

URL | ハピ☆ヒジ #dPayaM8g
2012/07/09 19:59 | edit

ご冥福お祈りいたします。

ハピヒジさん宅の立派なメンバーの一人だった菊次郎くん
逝っちゃったのですね。
私は犬と猫でしか動物霊園行った事ないけど
うさぎや鳥が祀ってあるのは見ました。
ああいうところの職員さんたちって本当にっきちんとしてくれますよね。
うちも感激しました。
あ、でもこちらでは5円玉はなかった!
人間の葬儀の時もないと思います~。

URL | りか #f68OX3vE
2012/07/11 16:56 | edit

コメントありがとうございます!

りか様>
ありがとうございます。
普通のお寺に動物霊園も併設してる感じなのですが、
犬や猫が多い中、たまに鳥やカメもあるそうです。

そうですね、人間のそれに近い感じでしたね。
見る人が見ればコントにしか見えないでしょうが、
そのせいもあってか気持ちも含めて
きちんとお別れできたように思います。

URL | ハピ☆ヒジ #dPayaM8g
2012/07/13 20:46 | edit

コメントの投稿

Secret