へなへな日常描画劇場!

by ハピネス☆ヒジオカ

年の瀬ですね  

161228-年の瀬ですね.jpg
サンタさんもいろいろあるのね。
腹から声出さんとあかんのね。上司もおるのね。
・・・な、クリスマスも終わって、
毎年、年末感ないなーと思いつつ大晦日を迎えるタイプですが、
今年は不思議と年の瀬ムードをじわりじわりと感じております。
そういうことを感じ取れる歳になったかぁー。
(そういう問題やないってか)







category: ★コママンガ日記

tb: --   コメント: 0

『マチオモイ帖展と短歌』  


161222-マチオモイと短歌1.jpg

『わたしのマチオモイ帖展 〜おもいを届ける冬〜』
1点参加させていただいております。
以前、冊子で参加しました『マチオモイ帖』ですが、
今回はあらたにできたカテゴリー「ポストカード」部門でございます。
未来の公園を犬散歩というなかなかに反則な作品です。

そんなボクの作品はともかく、どんどん広がる『マチオモイ帖』。
今回もあの町この町、読み応え見応えたっぷり。
大阪の扇町の関西テレビのビル内メビック扇町にて1月29日まで。
例によってすでに始まっておりますが(→詳細はコチラ)

ってなワケで期間中会場で様々なイベントも催されておりまして、
先日、短歌を学びながらコトバについて考える
『マチオモイサロン〜おもいを届けるコトバ塾「短歌×詩」』に参加。
(このブログにも登場のオーニシ氏がライターとして司会側に)
で、最後に参加者もひとつ短歌を考えるってことで10分間。
いやはや、難しいですね。でも面白いですね。
詩は無理ですが短歌はとりあえず字数を埋めれば
うまくてもヘタでも完成ってなるのがやさしくていいですね。
しかしながら根がひねくれ者なので最後の7文字を
ストレートな表現をさけたらなかなかに場内ポカーンでした。

161222-マチオモイと短歌2.jpg

ペットを飼ってる方にはわかっていただけたようですが。
「昨日より いちょうの葉っぱ 落ちてるなぁ
 教えてくれたん 引っぱるリード」(自ら読んで発表)・・・ポカーン。
でもって、紙を渡されると絵まで描いてしまう悲しい性。
一応、ポストカードとリンクさせてはみたのですが・・。


category: ☆お知らせ(作品込)

tb: --   コメント: 0

オッサンの名は  

161215-アラフィフの名は.jpg

「泣ける映画!」とかな触れ込みがあると
「泣くかボケェ!」と思ってしまうへそ曲がりですが、
最近、ホンマに涙もろくてかないません。
年齢を経て感受性が豊かになってるのか
それとも身体のあちこちが緩んでるのか。(←こっちな気がするが)
最後の最後で涙腺崩壊でございましたの『君の名は』。
(3回観た『シン・ゴジラ』では泣かんかったのになぁー)

ってことで、そうですか思いの外のレディースデイ。
予約席に座るとまわりは女性ばかり。
こんなシュチュエーションで館内が明るくなって
アラフィフのオッサンが涙ぐんでる姿は目も当てられないってことで。
いつぞやのオッサン2人もどーだかですが、ひとりはなおどーだか・・・。


category: ★コママンガ日記

tb: --   コメント: 2

カンピロだったの?  

161214-カンピロだったのか?

いやぁ〜、いつだったか牡蠣で『ノロウィルス』にあたったことがありましたが、
そうですか鶏の刺し身で『カンピロバクター』食中毒ですかー。
はじめて聞きました、はじめてなりました。(ノロほどキツくはなかったですが)
先生いわく、ほぼそれでしょう。ってことでした。
ま、ま、飲み会で同じテーブルにいた数人に後から聞いてみると、
ボク以外の誰もあたっていなかったので100%とは言えませんが。
ボクひとり飛び抜けて繊細なタイプだったのかもですね〜。

実は食中毒よりもそれによってお腹をかばって背中が丸まって、
さらにグッと寒くなったことで背中の筋肉が縮こまったことからくる
腰痛だかようわからん後半の数日の症状の方がやっかいだったのですが、
ま、ま、もろもろ復活ってことで。

そんなこんなで何かと忙しいこの時期、生ものには気をつけましょうね。


category: ★コママンガ日記

tb: --   コメント: 4