へなへな日常描画劇場!

by ハピネス☆ヒジオカ

★「We love Sendak 展」参加してます  

えーっと、明日から開催されるそうでして、
ボクも1点参加させていただいております。

『“We love Sendak”
 モーリス・センダック トリビュート展』

2013年・春にイタリアのサルディーニャ島で開催された
モーリス・センダックの追悼展が大阪にやってきた!
ってことで、
ヨーロッパと日本のアーティストの参加展示作品と新たに加わった仲間がお送りする、
センダック氏のモンスタートリビュートした作品展です。
ってことで、明日から。

場所:ギャラリーホック
11月28日(木)〜12月7日(土)14:00〜19:00 ※12月1日は休廊
詳細は→コチラ。マップは→コチラ

モーリス・センダックさんは、
『かいじゅうたちのいるところ』をはじめとした作品で、
現代絵本界を代表する絵本作家さんです。
残念ながら2012年に83歳でお亡くなりになったのですが、
今回、氏を偲んだヨーロッパの作家さんの作品もズラリと並ぶみたいですので、
興味ある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?
いろんなかいじゅうたちに出会えるかもしれませんよ。
13.11.27_センダック・トリビュート展.gif
ってことで、ちなみに11月30日(土)の16〜19時は
ボクがギャラリーで店番しております。

人気ブログランキングへ
↑どんなかいじゅうモンスター作品があるのかボクも楽しみなのでした〜。

category: ★コママンガ日記

tb: --   コメント: 4

お寿司としゃぶしゃぶ  

13.11.23_お寿司としゃぶしゃぶ.gif

・・と、あきらかに小学低学年なコがハッキリクッキリ答えておりました。

夜の街にスーツな父に小さな子供・・なんぞワケありなんかなーと、
ドラマのワンシーンなら安直にそう考えてしまいそうではありますが、
それはともかく「しゃぶしゃぶ」なんてもん、
ボクは大人になってから初めて口にしたような気がするんだけれども。

それにしても選択肢も「カレーかラーメンどっちがええ?」ではなく、
「お寿司かしゃぶしゃぶ」やなんて完全に子供相手やなくって、
部長がお気にの部下を誘う時の選択肢やないんですかぁ〜。


人気ブログランキングへ
↑カンんちゃんの治療食はヒルズかロイヤルカナンのみの選択肢!

category: ★コママンガ日記

tb: --   コメント: 5

もうさすがに  

13.11.20_もうさすがにね.gif
お家と事務所で半袖Tシャツで過ごすのも先週からやめました・・。


人気ブログランキングへ
↑チャーさんカンちゃんが一緒の箱でくっついて寝だしました。冬なんですね。

category: ★コママンガ日記

tb: --   コメント: 3

ごめんね、ポール  

13.11.15_ごめんね、ポール.gif
京セラドーム大阪『ポール・マッカートニー/アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー』。
追加の初日じゃない2日目に行ってきました。
A猪木の引退試合以来の高値のチケットでしたが、
ライブ前の高揚感から終了まで、さすがにその価値はあったなぁ〜と。

もちろんビートルズ世代でもなけりゃ、ウイングス世代でもなく、
ちょうど中学生の多感な時期にMTV旋風が日本に上陸し、
1曲の歌に映像がついたPVなるものが世の中にやってきて、
「日本の歌にもそのうち曲に映像がつく日がやってくるんだろうか?」
「洋楽すげーな!!!」と、
マイケルやマドンナ、そしてウィー・アー・ザ・ワールドなことになって、
ボク同様40半ばの方は当時洋楽にハマっていく王道パターンだったかと。

そんな中にあって、このオッサン誰やねん?バク宙してるやん!曲かっこええ!
な異才を放っていたのが「セット・オン・ユー」を歌うPVのオッサンシンガー。
(PVの中のバク宙はスタントマンだと後で知ることになりますが・・)
オッサンの名は「ジョージ・ハリスン」。
そしてこのオッサンがあのビートルズの一人だったと知り、
その歴史をさかのぼって聞いていくことになり、
同時にポール・マッカトニーも知る事となるのですが。

そういう意味では、ボクにとってのリアルタイムなそれ以降のポールの曲は、
今回ほぼやってくれなかったのは残念でしたが、
数えきれないほどの名曲だらけですから、それは仕方ないですよね。
そんなこんなで、やっぱりポールはすごかった。

ってことで、何故に故にライヴ前の混雑のトイレで
チャックを(ファスナーって言わなあかんのか)閉め忘れたのか・・・。

いや、ポールはパワー全開!!!!
・・・ボクはチャック全開!!!!ってことで、よしとしましょう。


人気ブログランキングへ
↑きゃりーぱみゅぱみゅ〜ポールの落差もよしとしましょう。

category: ★コママンガ日記

tb: --   コメント: 2