へなへな日常描画劇場!

by ハピネス☆ヒジオカ

世界の中心で痔は辛いと叫ぶ  

限界の男_08.5.25.jpg

いやはや、参りました。舐めてました。
そりゃそうですよね、切らないとはいえ手術ですもんね。
痛くないワケないですよね。

術後はね、意外と痛くないやん!と、ブログは愚か仕事もそんなに
セーブすることなかったんちゃうん!と思いつつ、
ヘラヘラしてたら、3日後から徐々に痛みが。
・・・・そうですかぁ、麻酔が3日間効いてたんですかぁ。
だから、そんなに痛くなかったんですかぁ。

くうぅ、確かにちょっとは座ってもええって言われてましたが、
そのちょっとも座ってられないっすねぇ。

病院の待合室の患者さんたちのテンションが異常に低いので、
「痔なことそんなに罪に思わんでもええやん!」と思ってたけど、
こういうことだったのですね。
単純に術後、みなさん痛かっただけなのですね。
えらい態度の悪い座り方のおっさんがいましたが、
こういうことだったのですね。
単純に、普通に座るのは苦痛だっただけなのですね。

うーむ、とりあえず、仕切り直しやぁ・・・・・・。

category: ★コママンガ日記

バック・トゥ・ザ・肛門3  

10年前同様、人前でお尻を出すことに、ほとんど抵抗がなくなってきた今日この頃。

そんなこんなで、肛門3部作、第3弾。(1998年作)
よろしければ、引き続きどうぞ。(下記OPENをクリック)
-- 続きを読む --

category: ★コママンガ日記

バック・トゥ・ザ・肛門2  

そんなこんなで、肛門3部作、第2弾。(1998年作)
よろしければ、引き続きどうぞ。(下記OPENをクリック)
-- 続きを読む --

category: ★コママンガ日記

バック・トゥ・ザ・肛門  

ボクが痔と肛門を語る上でどうしても外せないことがある。
そう、それは10年前のあの出来事。
今となっては、何のために描いたのかすらわからない当時のマンガ。
まだ、ヒゲも脂肪も仕事もなかった頃に描いたマンガ。
でも、何かが突き動かし描いたのでしょう、ここに復活お届けします。
あの頃、ボクは若かった、タッチも若かった──────。

ただただ描きためた、肛門3部作、第一弾。(1998年作)
よろしければ、どうぞ。(下記OPENをクリック)
-- 続きを読む --

category: ★コママンガ日記

いま、痔の診察にゆきます  

診察の模様2_08.5.20.jpg

↑手術の後日、今度は信三郎帆布のカバンを持っていったが
 全く先生に気付かれなかった男の図。

さて、昨日の手術後はさすがに日帰りとは言えフラフラな感じでして、
もし、小2女子にケンカを申し込まれても勝てる自信なしな感じでしたが、
今日の帰りは、小4男子ならなんとか引き分けに持ち込めるくらいの
状態まで回復しております。コレすごいことです。
さすがは、切らない画期的な手術方法。
とは言っても、歩き○、座り×なので、2週間は毎日通院。
ブログも立ったまま、膝立ち、たまに座ったりと色んなポーズで描いております。

そんな、痔と言えば・・・・・・・・。
そう、あの話をせねばなるまい、あの話を・・・・・。(続く)

category: ★コママンガ日記

THE手術、無事終了!  

独占カンちゃん_08.5.19.jpg

さすがに、テンション下がりまくりですが、無事終了しました。
戻ってまいりました。

カンちゃんは、机の上が空いているのをいいことに独占している模様。
主人の苦労など、な~んもわかってないんでしょうねぇ。
まぁ、それでこそカンちゃんですが。

と言うワケで、さすがに今日のところはレポートする余裕もないので
就寝することにします。(ま、さすがに今日の今日は無理みたいっす)

しっかし、ウチのMacではブログのここ10日くらいの画像が全く
表示されていないのが、いささか?ではありますが(ウチのMacからだけ???)
今日のところは、んなこと言ってられないのでひとまずブログ終了。

ご心配かけた皆様!お騒がせしました、ま、ま、元気です!

category: ★へなフォト日記

THE 手術  

診察の模様_08.5.18.jpg

さて、突然ではありますが明日「THE手術」をします。

「THE」が冠についていることで、その大変さが伺えることかと思います。
と言うのはウソで、この場合の「THE」は「THE ALFEE」の「THE」と
同じ読み方をします。
そうです「ジ」のほうです。「ヂ」と言ったほうがいいのでしょうか。
そうです、みなさんご存知「内痔核」の手術です。(知らんってか)

さて、奇跡の腕をもつ某肛門医学博士の執刀により、
奇跡の日帰り手術となりました。(普通はがっつり入院します)
と言っても、2週間前後は往生するみたいなので(完治1ヶ月)、
仕事もゆるめに設定し、はからずも身につけた知識と実体験を元に
この2週間は身を持ってレポートしていきたいと思います。
(ブログ描いてるどころやないかも知れませんが)

一説によると日本人口の半分はなにがしかの「痔」や予備軍だといいます。
なのにも関わらず、花粉症のように「私、今年からなっちゃって~ん!」とか
「オレなんか5年前からやで!」と盛り上がる会話は一切聞こえてきません。
そう、他人に言いにくい、意見も聞きにくい病気なのです。
・・・ならば、これ以上、恥ずかしいポーズはないであろう治療ポーズを
乗り越えたボクが、期間限定でお届けしようではないか!!!!!

──────────ではでは、行ってきます!!!!!(なんのこっちゃ)

※上のイラストは、人生屈指の恥ずかしいポーズで診察を受ける
ボクの頭上の一澤帆布のカバンに興味津々で質問してくる先生に対し、
人生で初めて、そしてこの先2度と口にしないであろう
「先生、ボクのK門を見て!」とのたまった男の図。

category: ★コママンガ日記

初めてのカメアシ  

撮影アシスタント_08.5.gif

久方ぶりにT姉妹とお食事会。
で、カメラマンのT姉から「人物撮影の実験がしたいんですけど、
食事の前に少しだけ手伝っていただけますか。」
っちゅうことで、そんなことなら散髪いっときゃよかったな~と待ち合わせへ。

で、しっかりちゃっかりでっかいレフ板を持たされました。
まぁね、モデル役ではないことは想像はしてましたが、
はい、初めてのカメラアシスタントです。
ってか、モデル役がOっちゅうのがかなりの不満でしたが、
ここは大人な対応で、カメラマンとえせモデルと太陽を追いかけて
かけずり回ってきました。
そうそう、レフ板っておりたたみ式で、使用時にドラえもんがポッケから
道具を出すように「ボンッ!」ってでっかく広がるんですね。

さてさて、撮影の後に奥様&妊婦さんとなったT妹さんとも合流。
ダンナさんも初お目見え。
すごいもんで、少しだけお母さんな表情になっておりました。
いやはや、楽しい時間をありがとう&おめでとう。

・・・レフ板を折り畳むことができれば言うことのない1日やったのになぁ。
むむむむぅ、結局、最後まで1回も畳めんかったぁ、求むリベンジ!

category: ★パラパラ写真日記

★「'09食博覧会・大阪」ポスター他  

<お仕事紹介>

09食博大阪.jpg

「'09食博覧会・大阪」ポスター・チケット他、広告物
主催 食博覧会実行委員会

1985年から4年に1度開催されている「食博覧会・大阪」の
第7回2009年度版のポスター、チケット他広告物に入るイラストを描きました。
はい、上のごちゃらごちゃらしたとこです。
・・・で、こないだ知人から心斎橋でポスター見たでぇ。と言われまして、
仕事の紹介もたまにはせねばねばと、宣伝も兼ねてアップでございます。

えらく先の話なのに、もうチケット販売が開始されているんですね。
なんでも、最初にチケットを購入したのは橋本知事と平松市長だそうで。
前回は66万人が来場したらしいのですが、今回仕事するまで全く知りませんでした。
いやはや、なるほど、色々あるのですねぇ。
(ちなみに、キャラクター「フッピー」ちゃんは描いてませんのであしからず)

「'09食博覧会・大阪」公式HP

category: ☆仕事イラスト他作品

はやすぎる!  

桜と河川敷_08.5.6.gif

なんでっしゃろ、
今年はいつになく月日の経つのが
はやい気がする。

こないだ正月やと思ってたら、
桜の季節もあっちゅーまに過ぎ去り、
GWも知らぬまに終わっていた感じで。
1日の経過もやたらはやい気が。
すぐに夕暮れやん!ってな感じで。

小学生の頃は1年がむちゃくちゃ
長かった気がするのになー。
5時間目の授業が終わるまでめちゃくちゃ
時間かかった気がするなー。

ってか、こうやって年を重ねるごとに
年々加速度を上げて
時間が過ぎ去っていくのかー。
あっちゅーまにジジィやないかぁ。
うむむ、うかうかしてられんなー。
浦島太郎は竜宮城でうかうかしとったんかー。

うむむむ、せめて年を重ねた分、
桜や川や夕暮れやいろんな景色が、
小学生ん時よりも感動的に見れてると
思いたいもんだ。

category: ★へなフォト日記

サムライカーネル  

カーネル1_08.5.5.jpg

そうですかぁ。
子供の日だったので商店街のカーネルさんは
こんな格好になってたんですかぁ。
もはや、心は「サムライ日本人」なのですな。
ハチマキ姿も凛々しいでござるよ。
・・・とか思いつつ、通り過ぎたら、

カーネル2_08.5.5.jpg

バックショットは隙だらけ。
しかも、甲冑の下にはサンタクロースの格好が。
むむむぅ、国も季節もバラバラやん。
カーネルさん、どないなっとんねん!?

まぁ、面白かったからええけども。

category: ★へなフォト日記

すくすく子供の日  

vsカンちゃん_08.5.4.gif

「掌底!」→「胴締めスリーパー!」→「どしゃ─────ん!」

GW中のカンちゃんは、陽気がよくなってきたせいか、いつにも増して爆睡中。

でもって、正月ぶりに実家で会った甥っ子(2才)は、
ビックリするほどしゃべるようになっていた。
うーむ、子供の成長ってスゴイなぁ。
うーむ、ボクはこの3ヶ月でいくつボキャブラリーが増えたであろう。

パ、パフューム・・・くらいかぁ。

category: ★パラパラ写真日記

tag: チャーさんカンちゃん 

ハマる菊次郎  

菊次郎_08.5.1.gif

コレね、ヤシの実をカットしたシェルターなんです。
はい、菊次郎の下にあるやつです。

でね、ホントはドーム状に設置してあって、まぁ、菊次郎が
そこに潜り込んでもらったらええかなーと思ってのアイテムなんです。
事実、今日は明るいの嫌やわーって感じで時折、潜り込んでたんです。
ま、頭かくして尻かくさずって感じになるのですが。

だったのですが、いつからかそれがヒックリ返ってて、
そこに菊次郎が乗っかってピッタリハマってしまって
なにやら抜けれなくなってジタバタしてるところにしょっちゅう
遭遇するようになったんです。
で、ジタバタジタバタしてるんで、その度に助けてあげてたんです。
なもんで、このヤシの実、取ったほうがええかなって思ってたんですね。

が、が、ところがどっこい、最近発見したんですわ。
菊次郎が、ワザとハマり込みにいってるってことに。

自分で、ヤシの実をひっくり返して、自分でハマり込んで、
でもって一通りジタバタして、その後、何事もなかったかのように、
スッと抜けていってるところを。
はい、何度か目撃しました。
こないだは、ハマり込んだまま気持ち良さそうに眠ってました。

多分ですが、コレは菊次郎なりに遊んでいるのではないかと。
その他もろもろの状況証拠からして、どうもそのようなのです。

むむむむむぅー、菊次郎よ、ホントのとこどーなのだ?????

category: ★パラパラ写真日記